ゲームは多種にわたり人気度が、年齢層によって変化している。

>

電子機器を使った競技「eスポーツ」知っていますか?

世界チャンピオンを目指し、猛練習!

「eスポーツ」はゲーマーのプロもいます。
大会出場で賞金をもらい、プロとして生活しているゲーマー選手もいるのです。
世界大会を見ると、素晴らしい技術と知恵の結晶で戦っています。
迫力、観衆、見事な大会運営どれをとっても世界大会です。
そして,「eスポーツ」の語源である「エレクトロニック・スポーツ」の普及は各国での
技術者養成が活発になりその中で育ってきた「eスポーツ」なのです。

世界大会には、ハードウェア―企業や大手電機メーカーなどスポンサーとして参加しており何と、賞金金額1億円を超える大会もあります。
当然メディアも黙ってはいません、テレビ中継をはじめとして各コンピューター誌に大きく取り上げられるようになりました。

世界チャンピオンは、ヒーローなのです。


「eスポーツ」はコンピュータースポーツ

ゲームがスポーツ?
不思議の思う人がいると思いますが、れっきとしたスポーツなのです。
外国では、チェスやビリヤードがスポーツとして認知されています。

体を鍛えて協議するばかりがスポーツではないのです。
スポーツには楽しむ・競技との意味もあるのです。
この「eスポーツ」は、障害のある人でも優れた才能があれば、健常者と一緒に大会
参加が可能なのです。
また、この「eスポーツ」は、どちらかと言うと「レクレーション・スポーツ」ではなく、タイトルを争う「チャンピオンシップ・スポーツ」なのです。

鍛錬された技術と知恵戦略で、相手を倒すスポーツなのです。
近年、日本のチームが国際大会で優秀な成績を収まています。
皆さんも、メディアを通してご覧になてみてはいかがですか。


この記事をシェアする
TOPへ戻る